キコリの家づくり | 大阪で自然素材の注文住宅「kicori」

キコリの家づくり

HOME>キコリの家づくり

[ 住宅性能表示7項目で、最高等級に対応可能 ]

住宅性能表示制度は、住宅の品質確保の促進等に関する法律(品権法)に基づき、家を建てる人が、家の性能を共通のものさしで客観的に確認・評価できるように施工された制度です。kicoriは「耐震等級(損傷・倒壊防止)」をはじめ、「耐風等級」、「劣化対策等級」、「省エネルギー等級」、「維持管理対策等級」、「ホルムアルデヒド発散等級」の7項目で最高等級に対応可能。地震や台風、劣化に強い安全・安心な住まいです。

住宅性能表示制度グラフ
キコリの基準性能
建築基準法
国が定める長期優良住宅の基準

お客様の設計プランや条件の変化で表示性能が異なる場合があります。(性能表示制度をご利用の場合。別途費用を申し受けます)

[ 地震に強いメタルジョイント工法 ]

木造住宅で強度上重要なのが、木と木の接合部分です。地震の力が集中しても折れたり、外れたりしない強度が必要です。従来の木造軸組工法(在来工法)の接続部分「仕口・継手」などは、木材が大きく削られ、強度が落ちてしまう事が欠点でした。また、職人によって施工精度にばらつきが出て品質や性能が明確でないことも懸念されていました。そこでkicoriでは、柱と梁が接合する全ての部分を金物でガッチリと固定するメタルジョイント工法(MJ工法)を採用し、安定した強度を実現しました。

メタルジョイント工法(MJ工法)
従来の木造軸組工法

メタルジョイントの接合方法

剛床構造

kicoriは強固な剛床構造を採用。
大引や梁の上にJAS認定を受けた厚さ28mmの構造用合板を貼り、高い床強度を実現しています。
地震など、横からの揺れを点ではなく面で受け止め、床全体が一枚面として壁に力を伝えるため建物の強度はあがります。
また、その強度は、水平構面の強度指標となる床倍率で、一般在来工法に比べ3倍の強度となっています。

保険と補償、ダブルの安心

お引渡の際に、kicoriからは保証書を、国土交通大臣指定の保険法人からは保険付保証書を発行。
地盤基礎をはじめ土台、柱など主要な構造躯体に不具合が生じた場合は長期10年間保証。
当社と保険法人によるダブルの安心がついています。
※地盤保証は指定地盤調査会社の調査結果に基づく。

日本住宅保証検査機構
保証内容 保証内容
キコリの保証
キコリの保証内容

[ 地盤調査 ]

地震などの自然災害から人の命と財産をしっかり守るために、信頼性の高い強固な基礎づくりは非常に重要です。
とくに軟弱地盤への対策や耐震設計が不十分な場合、家が傾き、基礎や壁に亀裂が入る「不同沈下」が発生し、耐震性以前に欠陥住宅になる心配があります。
kicoriでは、全棟徹底して地盤調査を行い地盤の強度や地層構成など正確に把握。最適な基礎の仕様および地盤補強工事が必要かどうかをご提案いたします。
*地盤の状態、地域により地盤調査の方法は異なります。

[ 頑強なベタ基礎を採用 ]
頑強なベタ基礎を採用

地盤に施工された鉄筋コンクリート面全体で建物を支える構造。面全体で建物を支える構造になっているので、地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がすことが可能です。
また地面をコンクリートが覆うのでシロアリを防いだり、地面からの水蒸気を防ぐ効果もあります。

[ 地盤の強化 ]
地盤の強化 地盤の強化

表層改良工法とは、軟弱な地盤の土とセメント系固化材を攪拌(かくはん)し、固化させることで、地盤の耐力を強め、不同沈下を防ぐ工法です。

柱状改良工法は、セメント系固化材をスラリー状にして、原地盤に注入しながら機械で攪拌(かくはん)することにより、原地盤の土を柱状固化させ、地盤強化を図る工法です。

鋼管杭打設工法は、支持層(硬い地盤)まで貫入させた炭素鋼管杭で住宅の荷重を支える工法です。軟弱地盤層が厚く、支持層が柱状改良工法では改良不可能な深さにある場合に用いられます。

建物を湿気から守ることは建物の寿命をのばすために大変重要な要素です。一般的に木材の含水率が高い状態が続くと、木を腐らせる腐朽菌やシロアリが発生しやすい木材環境となってしまいます。kicoriではこういった木材環境にならないように、構造材はすべて、含水率が20%以下の人工乾燥材を利用し、湿気結露を防ぐ工法により木と建物にやさしく、末永く安心して暮らせる木造住宅を実現いたします。

[ 基礎全周換気工法 ]
基礎全周換気工法の仕組み 基礎全周換気工法の換気方法

一般的に床下は湿気がこもりやすいと言われていますが、kicoriでは地盤面から400mmの高さに基礎を設定。さらに、通常の床下換気口の1.5倍~2倍の換気能力をもつ基礎全周換気工法を採用し、高い通気性を確保しています。
また、基礎パッキンを取り付けることで、床下の乾燥状態を維持し、腐朽菌の発生を防止します。

[ 通気工法で結露防止 ]
通気工法で結露防止の仕組み

湿気対策の重要ポイント、それは 壁体内 へきたいない 結露の防止です。壁体内結露とは、室内外の温度差によって生じる湿気で、木造住宅を劣化させる大きな原因のひとつです。kicoriでは外壁内側に高性能な透湿防水シートを貼り、さらにその外側に通気層を儲ける通気工法を採用しております。
壁体内を風通しのよい状態に保ち、軒天部から常に湿気を放出することで結露の発生を防止します。

木を長生きさせる

kicoriでは耐風、耐震、耐火、耐久など住まいの強度を重視し、
日本の住宅にとって信頼性の高い構造材を採用。

木の良さと信頼性と強度が両立した構造材

kicoriでは構造材に強固な「集成材(JAS認定品)」を採用。

集成材とは、25mm〜50mm程度の木材を接着剤で貼り合わせて
ひとつの構造材としたものです。
生木や無垢材は反りや割れなどの発生、含水率、節の有無、年輪の
密度など強度にバラツキが発生しやすいが、集成材は、そんなデメ
リットを解決しています。
集成材は含水率は20%以下と少なく、腐朽菌の発生を防ぎ、反り
や割れ、強度のムラが発生しにくい安定した品質で、設計の信頼性
を高めています。だから、kicoriは、安心安全な住まいの実現には
集成材が最適だと考えます。

集成材(JAS認定品)_01 集成材(JAS認定品)_02 集成材(JAS認定品)
無垢材 [割れ]×節の有無で強度にバラツキ [反り]×年輪の密度により反りが発生 → 集成材 [安定した質感]○強度バランスを調整し木材を張り合わせた集成材は、反りや割れの発生が少なく、強い。含水率も20%以下と低く腐朽菌の発生を防ぎ、大変長持ち。
強い集成材だから実現!
大規模建築にも使用される集成材 沢市民体育館は集成材で建てられた代表的な大規模建築物です。 地上3階・地下1階延床面積14,692.13平方メートル

[ 木の耐火性 ]木は鉄よりも火に強い。

※資料/「木と日本の住まい」(財)日本住宅・木材技術センターによる

木は燃えるだけに、耐火性が低いと思われがちです。しかし、実際に燃焼実験を行うと意外な強さを持っていることがわかります。
木は燃え始めると表面が炭化して断熱材の役割を果たすようになり、木材自体からの可燃性ガスの発生を防ぐようになります。
燃焼実験によると、木材の炭化速度は1分間に0.6〜0.8mm程度であり、仮に15分燃えたとしても木はまだ60%の強度を保っており、一気に建物が倒壊する心配がありません。
一方、鉄は5分ほどで、ほとんど強度がなくなり、鉄構造部がぐにゃりと曲がり、場合によっては、避難の妨げになることもあります。

[ 木の耐久性 ]木は鉄やコンクリートよりも強い。

同じ重さので木材と他の材料を比較すると、木は圧縮強度で
コンクリートの約9倍、引っ張り強度は鉄の約4倍、
コンクリートの約200倍もの強度があります。
しかも、木は乾燥した状態を保つことで、
鉄やコンクリートのように経年劣化が少なく、大変長持ちします。

[引張強度の比較]鉄:1 木材:4倍 [圧縮強度の比較]コンクリート:1 木材:9倍

[ 木の心地よさ ]

抗菌/殺菌作用

森の中に入ると全身を包み込んでくるあの香り、「リラックスできてるな〜」と感じたことはありませんか?それは、木の中に含まれるフィトンチッドという物質が、体内に働きリラクゼーション効果をもたらしているからです。また、そのフィトンチッドは、菌に強く、抗菌・殺菌作用も持ちあわせています。ストレスの多い現代社会、森の中で新鮮な空気を胸いっぱい吸ってリフレッシュするのもいいかもしれませんね。

床
疲労軽減(木の床)

ぬくもりを感じる木の床は、コンクリートの床に比べて、歩いた時の足への負担が少ないだけでなく、体を冷やさず、落ち着きを与える効果があることが実験の結果、わかってきました。特に図書館や学校校舎などの構造材に木を利用するなど、多くの大規模施設建築で木造が採用されはじめています。

フローリンクの床だけが足の温度を上げている
調湿性能

木は吸湿性があるばかりでなく、周囲が乾燥してくると水分を放出し湿度を調整する働きを持っている。よく、着物は桐の箪笥にしまった方がもちが良いと言われるのは、このためです。
高温多湿の日本の気候風土にあった木材は、古来より保管庫としても利用されていました。
正倉院の宝物は「からびつ」というスギ材の箱に収められており、この「からびつ」と同じようなスギ材の箱で実験したところ箱内の湿度は外気に影響されることなく、ほぼ一定なのがわかります。

正倉院 スギ箱内の湿度変化
目にやさしい
目にやさしい

人間の目の心地よい光の反射率は50%〜60%とされています。ヒノキや畳の反射率もこの50%〜60%。さらに、木は紫外線を多く吸収し、目に優しい素材であることがわかる。木目を見ると心安らぐ気分になるのも、そのせいかもしれませんね。

このように木は、人にやさしく、さらに強く安全な構造材ということがわかります。昨今、この木の特性が見直されています。
学校、図書館、体育館など、さまざまな施設で利用され、木造建築が増えてきています。kicoriはこのような木の特徴を生かし安心安全で快適な住まいを提供いたします。


矢印

お申し込み・詳細はこちら