受付時間 / 9:00〜18:00

資料請求・お問い合わせ

キコログ

キコログ | 大阪で自然素材の注文住宅「kicori」

気密性能を表すC値はどの程度確保すべきか?専門家による解説

太田(健康・高断熱住宅専門家) 太田(健康・高断熱住宅専門家)

Contents

    C値とはなにか?

    C値とは、住宅の気密性能を表す数値のことです。

    その家の大きさ(面積)に対して、どの程度の面積のスキマが存在するのかを表した数値になります。
    ですので小さい数値の方が、気密性能が良いことになります。

    単位は、[c㎡/㎡]なので、表記上は単位無しとなります。

    では、気密性能とはどんなものなのでしょうか?
    とても簡単な例で行くと、真四角の箱のような床面積100㎡の平屋の家があるとします。

    隙間がゼロの場合の気密性能

    スキマが全くなければ、スキマの面積の大きさは0 c㎡です。
    なので、C値は 0 c㎡ ÷ 100㎡ = 0 となります。

    この箱に、1 0c㎡のスキマが空いたとします。

    隙間10c㎡での気密性能

    この場合のC値は、
    10 c㎡ ÷ 100㎡ = 0.1 となります。

    厳密には、相当隙間面積と言うスキマの量を測定して、仮想的にスキマを求めるので、実際に空いているスキマの面積とは若干違いますが、とりあえずは仮想のスキマと実際のスキマが同じと考えても良いでしょう。

    目指すべきC値はどの程度か?

    計算では求められないC値の測定方法とその費用

    気密の性能であるC値は実際に建設される建物において、基本的には計算で求められない。一方で断熱脳性能を表すQ値(今ではUA値を使う)は計算によって求めることが一般的です。

    そこで、実際に建てられた建物に対して測定を行う事が一般的となっています。いわゆる、気密測定と言うものです。

    正式には建物が完成した段階で計測するものなのですが、既に完成してしまった建物を計測しても、もし良くない数値だった時にやり直しが利かないので、一般的には気密施工を終了した段階で計測します。

    気密測定器

    上の写真のような専用の機械(気密測定器)で計測します。
    この機械によって、家の中の空気を徐々に抜いていきます。もし、スキマが小さければ、そとから入ってくる空気の量が少ないので、家の中の空気が薄くなっていき、気圧はどんどん下がっていくことになります。

    この家の中の気圧と、家の外の気圧の差を利用して、その家にどの程度の大きさのスキマがあるのかを計算して求めます。

    気密測定は大体2時間もあれば、十分に終えることが可能です。
    大体の費用感は、3万~8万程度と言ったところが多いかと思います。

    気密性能(C値)は何のために必要なのか?気密は息苦しくないのか?

    スキマを無くすことが、どれだけ重要なのでしょうか?

    古い建物だと、よく隙間風が入ってくると言った体験をしたことがある人も居ると思います。冬場はこの隙間風が寒くて仕方がないと言った経験のある人であれば、スキマを減らすことにそれほど違和感はないかもしれません。

    しかし、昨今のマンションなどではコンクリートでできた建物もあり、こういった建物にあるそれほど大きくないスキマがあることにそれほど不便を感じていない人も多いと思います。

    むしろスキマを無くすと、息苦しくなるのではないか?
    と言ったような、単純な疑問も湧いてきます。

    気密性能は何のためにあるのでしょうか?

    簡単に答えを言う事、気密性能は
    換気扇の効きをよくするために必要
    なのです。

    近年では、家の中で24時間換気扇を動かせるように建物を建てることが義務付けられています。

    これは、窓を開けなくても家の中の空気が常に入れ替わっている状況をつくるためなのですが、単に換気扇が動いているだけでは上手く換気できない場合があります。

    先ほど登場した箱の家にもう一度出てきて貰います。
    この箱に換気扇を付けて動かします。
    もし、余分なスキマが無ければ、上手く家の中の空気が入れ替わります。

    隙間が無い場合の空気の動き

    しかし、もしこの箱の家に予定外のスキマがあったらどうでしょう?

    隙間がある場合の空気の流れ

    今度は、本来入ってほしい場所から空気が入らずに、別の流れが出来てしまいました

    このように、換気扇によって空気の入れ替えを効率良く行おうと思った時には、想定していない場所にスキマがあっては、換気扇による空気の入れ替えが上手く出来なくなってしまいます。

    つまり、気密をすると息苦しくなるのではなくて、気密が上手くいかないことによって、換気扇の空気の入れ替えに不具合が生じて、息苦しくなるのです。

    気密性能は、この換気扇を効かせるために重要なのです。

    昔あったC値の基準と目指すべきC値。気密を確保するために知っておくべきことは?

    では、C値はどの程度の数値であれば安心なのでしょうか?

    実は、以前には努力目標の数値が設定されていました。
    それが、平成11年基準と呼ばれるものです。

    この時は、大阪や東京のような地域では、C値の努力目標は『5.0』
    とされていました。

    しかしこの基準、いつの間にか無くなってしまっています。

    明確な目標が公的には定められていないものですから、今では様々な目標数値が乱立しています。

    一体どの数値を目指せば、良いのでしょうか?

    とてもシンプルな話だと、C値は低ければ低いほど気密性能が高く、その分換気扇も効きやすくなります。

    なので、換気扇を効率よく効かせるためにはC値は0が理想なのです。
    しかし、このスキマをゼロにすることは可能なのでしょうか?

    実際に住む場所を想像すると、どうでしょう?
    換気扇は24時間ついているタイプのものだけではありません。
    お風呂やキッチン、トイレの換気扇は24時間稼働するものとは別の場合もあります。
    窓にも最近ではかなり少ないスキマのものもありますが、若干はスキマがあります。

    知らない間に、排水の場所から空気の出入りができるようになっていしまっているケースもあります。

    こういった、実際のことを考えるとゼロにすることは限りなく不可能に近いですし、いったんゼロに出来たとしても、それをずっと維持することも難しいでしょう。

    なので、ゼロを目標としつつも出来る限りの気密を確保することが重要です。

    また、必要な気密性能は換気の仕方によっても若干変わります。

    換気の仕方にはいくつか種類がありますが、換気には必ず
    「空気が家に入る側」と「空気が家から出る側」があります。
    このどちら側に換気扇を付けるかによっても換気扇の種類が違います。

    第1種換気』と言えば、入る側、出る側、両方に換気扇がついています。
    この場合は、この後に出てくる第2種換気や第3種換気と比べて、計画通りの換気が行いやすいです。

    なので、それほど低くなくても割と換気が出来てしまうのです。
    それでも目標のC値としては、0.5は切りたいところでしょう。

    また、空気が入る側に換気扇をつけ(出る側は穴だけ開け)る『第2種換気』空気が出る側に換気扇をつけ(入る側は穴だけ開け)る『第3種換気』では、第1種換気よりも気密性能が大事になってきます。こういった建物では、0.3を下回ることを目標にして、測定したら0.2や0.1だったと言ったようなことが理想ではないかと思います。

    余談ですが、古い日本家屋の場合、気密性能はどんなものなのでしょうか?
    先ほど紹介した気密を測定する機械では、計測することは不可能です。
    何故ならスキマが多すぎて、どれだけ空気を吐き出しても気圧が下がらないからです。
    ですので、このような住宅は24時間の換気扇をつけることにあまり意味はありません

    最近で言う、ZEHや長期優良住宅、HEAT20と言った断熱性能を有する建物では、同時に換気扇の設置が必須となり、気密性能もなるべく高い方が換気に有利となります。

    最近では気密の性能をランキングして争う傾向もあるようですが、気密はその建物によって変わってしまうものなので、参考程度にしかならないでしょう。その施工会社が平均してどの程度の気密性能を実現できているのかを把握することは重要ですが、何よりも重要なことは、あなたが住む家の気密性能を計測し、キチンと気密を確保して貰う事です。

    C値を上げるための秘訣、気密を確保して貰うためには?

    気密をキチンと確保して貰う事が重要と言いましたが、このためにはどうしたら  良いでしょうか?

    まず、気密を確保して貰うための大前提としては、その施工店さんが気密施工をした経験があることが何より重要です。気密施工は慣れてしまえば簡単にできるようになるのですが、慣れていなければどこにどうやって気密を確保すべきかを判断することがとても難しいのです。
    要は、初心者で無いことが重要です。

    また、目標の気密性能を予め決めておくことも大切です。
    そして、実際にあなたが建てる家でしっかり気密測定を行って貰い、気密が不足する場合は、スキマを埋めるための工事を追加で行って貰う事で確保が出来るのです。

    また、気密の確保の仕方にはいくつか種類があります。
    ここではいくつかの気密性能の確保の方法をご紹介します。

    断熱材で気密を確保する方法

    本来、断熱材は断熱性能を確保するための建材です。
    ですので、気密を保つ役割は本来になっていません。
    しかし、アクアフォームやアイシネンと言った、吹付ウレタン断熱の場合、断熱材が同時に気密を保つ役割を果たすことが出来ます。

    なぜなら、吹付ウレタンは接着剤としての性能もあるからです。
    ウレタン自らが柱にくっ付いてスキマを無くしてしまい、更にこのウレタンが膨れることで断熱性能を確保するのでその他のスキマを埋める役割も果たします。

    この場合、将来的に断熱材がくっついたままの状態を保てるのかなどの確認は必要ですが、気密性能の確保はかなり手軽に実現できます。

    気密用のシートを貼る方法

    グラスウールなどの断熱材では、断熱材単体では気密を確保することは出来ません。グラスウールの場合はグラスウールが入っている袋を利用して、袋と袋のつなぎ目をテープなどで留めることで気密を確保します。
    また、断熱材とは完全に別で気密用のシートを屋内側に貼ることで気密を確保することも出来ます。

    構造躯体を利用する方法

    セルロースファイバーなどの断熱材では、湿気を壁体内に流通させることを目的としている工法もあります。湿気は空気よりも分子が小さいため、湿気は通して、空気を遮断ことが可能な材料が存在します。

    これを利用することで、気密を確保することも可能です。多くの場合、構造用の板材としても兼ねていることが多く、この板材によって気密を確保します。

    どの方法にせよ、気密工事で大事なことは長年経ってもその気密が維持されているかどうかです。
    その辺については、施工店さんの考えをしっかり聞いておきましょう。